マインドフルネスについて掘り下げる

マインドフルネスについて掘り下げる

マインドフルネスというのは21世紀に入ってから世界中で大きな注目を集めているものです。

ストレスの軽減、集中力の強化、そうした効果を得られるという事で話題になっているようなんですね。

ここではそうしたマインドフルネスというものについて、少し掘り下げて説明してみたいと思います。

マインドフルネス
脳トレ速読
公式ホームページへ

マインドフルネスの成り立ち

マインドフルネスが世界中に普及するきっかけになったのは、マサチューセッツ大学医学校名誉教授のジョン・カバットジン博士が、「マインドフルネス瞑想」を医療分野に最初に取り入れ、慢性の痛みとの共存を目的としたプログラム「マインドフルネスストレス低減法」を開発した事によるようです。

医療分野以外では、アップルGoogleフォードなどの大企業が社員研修の一環としてマインドフルネス瞑想を導入した事でも知名度が上がったようです。

これが世界中で受け入れられた理由は、マインドフルネス瞑想の体や脳への効果や臨床治療としての有効性が多くの研究により示されるようになってきた事にあるようです。

加えて、マインドフルネス瞑想は仏教の瞑想法を取り入れて生まれたものですが、宗教色を一切廃しているからこそ誰でも抵抗なく実践出来るというのが世界中で受け入れられた理由となっているようです。

マインドフルネスの言葉の意味

「マインドフルネス(mindfulness)」という言葉は仏教の経典で使われている古代インドの限度の「サティ(sati)」という言葉の英語訳としてあてらたものとのことです。

「心をとどめておく」あるいは「気づき」と訳されるようです。

英語では「気遣う」「心配りをする」という意味の「マインドフル(mindful)」という形容詞があり、マインドフルネスの概念ではマインドフルとは「良い悪いという価値判断をする事なく、完全に【今この瞬間】に注意を向けている心の状態」を指す言葉のようです。

まとめ

マインドフルネス、という言葉は決して宗教的な言葉という事ではなく、世界的にみても受け入れられている「今この瞬間に注意を向けている状態」であり、そのマインドフルネス瞑想というものが大手企業でも取り入れられているという事実がわかって頂けたかと思います。

なんだか私も怪しいものなのかなと思ったりもしましたが、実践してみれば分かりますし、こうして歴史を見る事で科学的根拠に基づいたものであるというものがわかりますね。

マインドフルネス
脳トレ速読
公式ホームページへ
TOPページを見る